Our Blog

東京都国分寺市にある「ふくろう茶房」へ行ってきました。
JR中央快速線・中央総武線「国分寺駅」南口から徒歩10分。
閑静な住宅街の中、ふくろうのイラスト「ライちゃんマーク」の看板が目印です。
店頭では、ヨーロッパワシミミズクのライちゃんと、
天気が良い日は、ハリスホークのキイちゃんも一緒にお出迎えしてくれます。

1ドンリク制で、フクロウなどの鳥たちとのふれあいは別途料金、
1回3分程度となっています。

■300円
メンフクロウ/アフリカオオコノハズク/ワライカワセミ

■500円
ウサギフクロウ/ナンベイヒナフクロウ/ニュージーランドアオバズク/メガネフクロウ/ハリスホーク

■700円
ベンガルワシミミズク/オオフクロウ

■1,000円
ワシミミズク/珍種のフクロウ

ふくろうの部屋はスケルトンになっているので、
ふくろう達を眺めながら、食事やお茶を楽しめるようになっています。
*ふれあいタイムは飲食後

お食事は、日替わりランチが3種類から選ぶことができ、各1,200円(ソフトドリンク付)
ご飯もの・パスタ・うどんやそば・パンなど仕入れ等の状況によって異なるそうです。

その他、サイドメニューやデザートメニュードリンクメニューも充実しています。
ビールや自家製梅酒など、アルコールメニューがあるのは珍しいのではないでしょうか。

おすすめは、苺の果肉たっぷりのスペシャルジュース・果肉入りいちごみるく。
手作りのいちごみるくは王道ですね。

そして、飲食・カフェタイムを終えると、お楽しみのふれあいタイムの始まりです。

ふくろう茶房メンフクロウ
普段あまりふれあう機会のないふくろう達。
やさしく撫でてみると、とてもふわふわの羽毛に驚きます。

雛から飼えば犬や猫のように慣れるという、おとなしくて静かなふくろう達。

「フクロウからのプロポーズ」を読んでから、すかっりふくろうに魅了されている私達にとって、
至福の時間が過ごせました。

ふくろう茶房

  • 住所:東京都国分寺市東元町3-15-1
  • 電話:042-208-3400
  • 営業:平日11時~17時/土日祝日11時~19時/冬季土日祝日11時~18時
  • 定休日:火曜日・木曜日 時々臨時休業(天候等緊急含む)
  • アクセス:JR中央快速線・中央総武線「国分寺駅」南口から徒歩10分(住宅地の中にあります)
  • 公式サイト:ふくろう茶房
  • Googleマップ:ふくろう茶房の地図を確認