Our Blog

先週の土曜日に、念願の「とり村」へ行って来ました。

「とり村」はバードレスキュー団体TSUBASAが所有する、埼玉県に新しく建設された鳥の保護施設です。

様々な理由で現在飼主のいないコンパニオンバードたちが暮らしていて、鳥専用のグッズ販売や、ご自分の鳥さんを自由に飛ばす事のできるバードランの施設もあります。
様々な角度から人・鳥・社会の幸せを考えた、大きな夢を持った鳥達の村です。

とり村

大型・中型の鳥と触れ合ってみたい!
そんな願望をついに叶える日がやってきました

高鳴る胸を抑えつつ施設の階段を登ると、そこは、別世界でした。

まず最初の部屋は「中型鳥さん達」の部屋。

「オカメインコ」「コガネインコ」「ウロコインコ」
「セネガルパロット」「ズグロシロハラ」「アケボノインコ」他

多数の中型の鳥さん達のお出迎えです♪

ズグロシロハラちゃんは、カキカキしてよぉとおねだりを繰り返し。
セネガルパロットの「セネちゃん」はずっと肩に止まって、甘えてくれました。

ときめかずにはいられません。

「大型の鳥さん達」の部屋に移動すると、

「ボウシインコ」「ヨウム」「ルリコンゴウ」「モモイロインコ」「タイハクオウム」他
多数の大型の鳥さん達が。

さすがに、この中にいるモモイロインコが小さく見えます。

オオバタンの大ちゃんは、脇をカキカキさせてくれて、甘え上手でとても人懐っこく、
タイハクオウムのラブちゃんは、「ばんざ~い」してくれたり激しいダンスを披露してくれました。

迫力あるラブちゃんのダンスをスーパースロー動画でどうぞ♪

初めての大型インコ

噛まれたら痛そう。。

少し恐怖心がありましたが、そんな思いも吹き飛ばすくらい懐っこい子達ばかりでした。

25g程の文鳥達しか手に乗せた事のない私達にとって、900gもある子を腕に乗せると、
ずっしりした重さと共に小鳥とは違った感覚の、大きな幸福感に酔いしれました。

こんなにも可愛らしい鳥達が、卒業して新しい飼い主の元へ旅立ち、
みんな幸せになってくれることを願います。

とり村はテーマパークのような施設ではありません。
里親探しだけでなく、人と鳥が長く共に暮らせるための勉強会や啓蒙活動を行っています。

とり村

  • 住所:埼玉県新座市中野2-2-22(ロムテック横)
  • 電話:048-480-6077
  • 営業:1F・ショップ(13時~17時)/2F・NPO法人TSUBASAの鳥達と遊べる時間(13時~16時)
  • 定休日:木曜日
  • アクセス:東武東上線「柳瀬川」駅 徒歩20分(無料送迎あります)
  • 公式サイト:とり村
  • 公式Blog:とり村便り
  • 公式Twitter:とり村公式Twitter
  • 公式Facebook: とり村| Facebook
  • Googleマップ:とり村の地図を確認

Comments ( 0 )

    Leave A Comment

    Your email address will not be published. Required fields are marked *