ドロンパとのお別れ。
白文鳥ドロンパ

2019年9月7日、
白文鳥のドロンパが8歳9ヵ月で旅立ちました。

今年の3月から通院していたドロンパ、
初列風切羽の付け根が壊死して落ち
飛ぶことはできなくなっていましたが、
日々を穏やかに過ごしているようでした。

小さな卵から我が家で生まれたドロンパ、
兄弟の獅子丸が療養の時にはケージを覗き込んで見守る優しい仔でした。

こんな日が来るとわかっていても
やはりどうにもならない気持ちになります。

最期は眠っているような安らかな表情で、
羽毛は生きているときと変わらずふわふわとしていました。

SNSやカレンダーの写真等で
ドロンパをかわいがってくださった皆様、
本当にありがとうございました。